ひどい腰の痛みの正体は何か? 腰痛は「体の構造」の問題ではなかった!

腰の痛みを感じる若い女性

ぎっくり腰をやった人は分かると思いますが、あの痛みは、経験のない人には分からない酷い痛みです。

その痛みの原因は、「ブラジキニン」と呼ばれる物質にあることをご存知でしょうか?

痛みの仕組みが分かると、腰痛の改善方法も大きく変わってきます。酷い痛みに悩んでいる人は、ぜひお読みください!

スポンサーリンク

腰痛は「体の構造」の問題ではない?

ぎっくり腰(椎間板ヘルニア)の症状

ヘルニアとは、「脱出」という意味になります。腰椎の椎間板が本来の位置よりも外に脱出していれば、椎間板ヘルニアと診断されます。

飛び出したヘルニアが神経を圧迫しているために、痛みが発生しているわけです。

医者から画像検査の結果を見せられて、そのように説明されたら誰も疑わないでしょう。腰痛の原因は「構造上の問題」ということになります。

しかし、それは間違った医学の常識だと指摘している専門家も多いのです。

腰の骨が削れて、尖った骨が神経に当たって痛い。ヘルニアが、神経に当たって痛い。

このような「医学的事実はない」のですが、なぜか医療現場では未だに「構造」の問題にスポットを当てており、レントゲンやMRIで身体構造の欠陥を探した上で診断がなされているのが現状です。

本当に腰痛を治す本! ~腰痛改善のヒントは武道にあった!~』 より

スポンサーリンク

なぜ腰痛は、構造の問題ではないと言えるのか?

医者から椎間板ヘルニアだと診断されたのに、それは「間違った医学の常識」なんて言われたら困惑してしまいますね?

なぜそのように言えるのでしょうか? その理由については、下記のことが挙げられています。

椎間板ヘルニアでも痛みのない人はいる

これはよく言われていることです。画像検査をしてみると、椎間板に問題が出ているのに、腰に痛みを感じていない人も多いのです。

あるいは、手術をして椎間板の問題を取り除いたにも拘わらず、その後も腰の痛みが消えない人もいます。この説明がつきません。

一日中、腰が痛むことはない

また、腰の構造に問題があるのならば、それを治さない限り痛みは続くはずです。しかし、実際には一日中、痛みが発生していることはありません。

朝は痛むけれど、夜には痛みが緩和されていることはよくあります。本来ならば、24時間同じように痛みが発生しているはずなのです。

スポンサーリンク

痛みの原因は、ブラジキニンの発生にある

構造上の問題で痛みが発生していないのならば、本当の痛みの原因は何なのでしょうか?

意外に聞こえるかもしれませんが、必要があって痛みは発生しているのです。なぜならば、人間は痛みを感じないと、自分の体の異常に気付かないからです。

そう考えると以下のように、痛みの原因とともに、痛みの仕組みも理解できるようになります。

痛みの物質「ブラジキニン」が発生する理由

痛みのイメージイラスト

実は、腰痛の痛みは、組織の損傷や炎症が起こしている痛みではありません。痛みを感じさせている物質の働きによるものなのです。

筋肉が緊張すると、乳酸(疲労物質)が溜まります。さらに「ブラジキニン」と呼ばれる物質を出すように、脳に信号が送られます。

このブラジキニンが、神経細胞に作用して痛みを感じさせている物質の代表なのです。

ブラジキニンは筋肉が緊張して、血管が細くなり、体内に酸素が行き渡らなくなる状態になると発生します。

そのような状態を放置していたら、栄養不足のために組織が死んでしまうので、体が危険信号としてブラジキニンを発生させているのです。

お風呂に入ると痛みが緩和される

慢性の腰痛の人で、お風呂に入ると痛みが緩和されるという人はいませんか?

体が温まると、自律神経の副交感神経が働きます。そうなるとリラックスした状態になるので、緊張していた筋肉がゆるんで、細くなっていた血管も広がります。

体に酸素や栄養が行き届くようになるので、痛み物質のブラジキニンを発生させる理由がなくなります。その結果、痛みが緩和されるわけです。

また、お湯の中では浮力が働くので、腰や股関節、太ももなどに掛かっていた負担を分散できる効果もあります。

ストレスによる腰痛の仕組み

腰痛の原因に、ストレスを挙げる専門家は数多くいます。でも、そうは言われても、漠然としていてよく分かりませんよね?

実は、腰の痛みとストレスの関係についても、ブラジキニンの発生で説明が付くのです。

人間は嫌なことがあると、ストレスを感じます。ストレスを感じると緊張して、体が縮こまったような感じになります。

このために、硬くなっている筋肉をさらに硬くしてしまうのです。それがブラジキニンを発生させてしまう状況を作っています。

ストレスが溜まるとブラジキニンの発生がして、それが痛みの原因になっているのだな、と考えれば分かりやすいと思います。

スポンサーリンク

筋肉をやわらかくし、ストレスを抱えない

デスクワークで休憩する女性

腰の痛みの原因は、筋肉の緊張により、痛み物質(おもにブラジキニン)が発生しているためであると書きました。

実際に、腰痛や肩こりに悩んでいる人は、自分の体が緊張している(硬くなっている)ことを自覚しているのではないでしょうか?

では、「どうすれば良いのか?」については、以下の2点に集約できます。

筋肉をやわらかくする

デスクワークの人も多いと思いますが、座りっぱなしの姿勢は良くありません。筋肉は動かさずにいると、血行が悪くなり、緊張してしまう性質を持っているのです。

適度に休憩を入れて、筋肉を緊張させないために、体を動かしましょう

筋トレを始める人もいますが、腰痛は鍛えて治るものではありません。筋肉をやわらかくすることが大切です。

腰痛改善のために開発された体操やストレッチも様々にあるので、自分に合った方法を試してみてはいかがでしょうか?

ストレスを抱えない

現代はストレス社会と言われています。それを証明するかのように、日本には2,800万人もの腰痛患者がいると言われています。

ストレスは体の筋肉を緊張させてしまうのです。体が縮こまった状態になるので、それが姿勢の崩れにも繋がり、ますます筋肉を緊張させてしまいます。

現在、腰痛に悩んでいる人は、痛みを消そうとして、腰痛に対抗するような意識になっていないでしょうか?

腰痛は必要があって、体がSOSを知らせてくれているのだと受け止めたほうが、心も穏やかになり、ストレスを減らせると思います。

スポンサーリンク

原因を正しく知れば、改善の方向性が見えてくる

腰痛を治す具体的な方法については、当サイトでも数多く触れていますが、まずは原因を正しく知ることが大切です。

それによって、腰痛改善の方向性が見えてくるのではないでしょうか?

あとは自分で腰痛を治していく!という決意をすることです。

そして自分の症状に合わせて、筋肉をやわらかくし、心にストレスを抱えない方法を探っていけば良いわけです。

長い間、腰痛に悩んできた人でも、あきらめずに腰痛を治していきましょう!

もしも腰痛を諦めているなら、中川式ストレッチングベンチをお試しください!
中川式ストレッチングベンチプラスでは、そもそも腰痛にならないための身体づくりができます。今現在、腰痛を抱えている人は中川式ストレッチングベンチで腰痛を改善し、腰痛の痛みから解放されましょう! 「ちょっと危ないな」と腰に不安を感じている人は、それ以上の腰痛にならないように予防に努めましょう!