骨や椎間板に異常はないのに、なぜか腰痛になっている人もいる?

腰痛の原因について考え込む女性

腰痛の原因について知りたくて、専門書を読んでみたことはありますか? 私もたくさんの専門書を読んできましたが、そこには共通してよく書かれていることがあります。

それは、「腰痛の原因の85%は特定できない」ということです。初めて聞いた人は、「えっ!」と拍子抜けしてしまいますね。

これだけ医学が発達しているのに、腰痛の原因の85%は特定できないのは何故なのでしょうか?

実は、骨や椎間板に異常はないのに、なぜか腰痛になっている人もいるのです。腰痛の本当の原因について理解したい人は、ぜひ続きをお読みください!

スポンサーリンク

原因を特定できる腰痛は、腰痛患者の約15%しかいない

日本整形外科学会と日本腰痛教会が発表している「腰痛診療ガイドライン 2012」には、原因を特定できる腰痛は腰痛患者の約15%であると、はっきりと書かれています。

この書籍は、医師や治療師などの専門家が腰痛治療の指針にしている本です。そのような権威のある本で、腰痛の多くの原因は分からないと発表しているのですから驚きですね。

ある意味では、それほど人間の身体は神秘に包まれていて、機械の故障を直すようなわけにはいかないのでしょう。

でも今現在、あなたが腰痛に悩んでいるならば、そんな他人事のようなことを聞かせれても嬉しくないと思います。

では、まず先に、原因が特定できる腰痛とは、どのような腰痛なのか、腰痛診療ガイドラインの内容を簡単に説明します。専門書なので難しい言葉が並んでしまいますが、何となく理解できればOKです。

「腰痛診療ガイドライン2012」には、原因の明らかな腰痛の代表として、

    腫瘍(原発性・転移性脊椎腫瘍)

    感染(化膿性脊椎炎)

    外傷(椎体骨折)

があると書かれています。

その他に腰痛椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭搾症脊椎すべり症など、神経症状を伴う腰椎疾患も含まれます。

これらに対して、原因が特定できない腰痛は「非特異的腰痛」と呼ばれています。これが実に、腰痛患者の約85%も占めているのです。

スポンサーリンク

骨や椎間板に異常はないのに腰痛になっている人もいる

難しい言葉が多くて分かりづらいと思いますが、さらに悩ましい問題があります。

原因が明らかな腰痛は15%と書きましたが、実はその15%の中であっても、それが原因とは限らないケースも多いのです。

例えば、病院で画像検査をして、骨の変形や椎間板のずれや損傷、分離などが見つかり、医師にそれが腰痛の原因だと説明されたならば、誰もが疑わないと思います。

ところが、それらの原因を手術で取り除けば腰痛が治るのかと言えば、必ずしもそうとは限らないのです。画像検査で確認すると、原因であったはずの異常が取り除かれているのに、腰痛が治らないこともあるのですね。

逆のケースで言えば、腰痛を感じていない人に画像検査をして椎間板ヘルニアが見つかったのに、そのうちの20~57%(年齢によって幅がある)もの人たちが腰痛を発症していないというデータもあります。

妙な言い方になりますが、医学的には腰痛になっていなければいけないのに、本人は痛みを感じていないのですね。もちろん神経が切れているわけではなくて、実際に腰痛が発症していないのです。

彼らは腰痛の予備軍とは言えるのかもしれませんが、その一方で、骨や椎間板に異常はないのに腰痛になっている人もいるのです。

こうなると、本当の腰痛の原因は、ほとんど解明されていないのか?と、頭の中が混乱してきます。

もちろん、骨の変形や椎間板の異常で腰痛が発生している場合もあるのですが、そうではない可能性もあるから悩ましい問題なのです。

スポンサーリンク

腰痛の本当の原因について理解する

では、腰痛の原因を特定して、確実に腰痛を治す方法はないのでしょうか?

レントゲンなどの画像検査で分かるのは、あくまでも骨の変形や損傷などの「形の異常」です。医療では、それが原因であることを前提にして治療します。

でも形の異常は、目で確認できる現象に過ぎないのです。もっと根源を辿っていけば、形の異常を発生させた本当の原因が存在しているはずです。

例えば、風邪はウイルスが原因とされています。しかし、人間の身体には免疫機能が備わっているので、少々のウイルスが体内に侵入しても風邪をひきません。

風邪をひいた本当の原因は、免疫機能を低下させてしまったことにあるのではないでしょうか?

普段の生活で、悪い食習慣を身に付けていたり、夜更かしをして睡眠不足の日々を送っていたり、布団も掛けずにソファで寝てしまったりなど、免疫機能を低下させる原因を作っていたのかもしれません。

腰痛も同じなのです。本当の原因というものがあります。

腰痛の原因の多くは、日常的に悪い姿勢を取り続けていたことにあるのです。これによって、骨の変形や椎間板の異常が発症しているのですね。

スポンサーリンク

自分の生活の中に、本当の原因が潜んでいる

腰痛になると、腰の骨や神経に異常が出たのか?と不安に思うものです。仮にそうだとしても、腰痛の本当の原因を取り除かない限り、腰痛を完全に治すことはできません。

なかなか腰痛が治らずに悩んでいる方は、病院や治療院が悪いのでなく、「そもそも自分の生活の中に、本当の原因が潜んでいるのではないか?」という考え方に切り換えていくことが、大切なのだと思います。

自分で治ししていくという意志を持たないと、いつまでも辛い状況は変わらないのではないでしょうか?

腰痛の本当の原因については、下記に詳しく触れていますので、参考にしてみてください。まずは原因を理解することから始まります。

腰痛の本当の原因を知りたいなら、自分の身体の姿勢の癖に注目!
あなたは腰痛を起こしている本当の原因を、正しく知っているでしょうか? 私たちは腰の痛みを感じて医療施設や治療院に行くと、何かしらの病名を付けられます。しかし、病気は結果であって、本当の原因ではありません。病気を引き起こしている本当の原因を正しく知って改善しないと、いつまで経っても腰痛は治らないのです。