治らない腰痛はスピリチュアルペインの可能性も? 痛みは意識が作っている!

大きなハートを持つ女性

様々な腰痛の改善方法を試してみたけれども、なかなか腰痛が治らないという人はいませんか?

スピリチュアルペインの考え方によれば、腰痛の原因は体にあるのではなく、心にあるのです。

突拍子もない考え方にも思えますが、実際に医療の現場において、心と体が密接に繋がっている事実は医療関係者も認めていることです。

心の問題と聞いてピンと来た人は、ぜひお読みください!

スポンサーリンク

腰の痛みには、精神的な問題が関係しているのか?

不安を抱えている女性

スピリチュアルペイン」という言葉を、初めて聞く人もいると思います。

スピリチュアル(spiritual)は「精神的な、霊的な」の意味で、ペイン(pain)は「苦痛、痛み」です。

直訳すれば、「精神的(霊的な)な痛み」ということになります。死への恐れに伴う苦痛のこともスピリチュアルペインと呼びますが、ここでは、そうした意味としては扱いません。

精神的な痛みは誰でも理解できますが、要するに、「それがどうして腰の痛みと関係しているのか?」ということが問題なわけです。

例えば、病院に行っても、マッサージを受けても、手術まで受けても、いっこうに腰痛が治らないのは何故なのか?を、考えてみてください。

それは体にばかり目を向けて、心の問題が置き去りにされているからではないか?という考え方もできるわけです。

痛みは意識が作り出している

痛みのイメージイラスト

医学的に言えば、痛みは神経が感じ取っています。腰痛の場合には、腰部の筋肉に溜まった疲労物質(乳酸や老廃物)が、神経を刺激して痛みが生じています。

しかし、スピリチュアルペインの考え方からすると、「痛みは意識が作り出している」という見解になります。

医学で使われる神経という言葉は、「神の経(道)」と書きます。

体内には、神なる道が無数に張り巡らされていて、私たちに痛みを感じさせているのならば、そこに何かしらのメッセージがあるのではないか?と考えてみるのも、決して無意味なことではありません。

なぜならば、痛みを通じて大事なことを教えてくれているかもしれないからです。

痛みが教えてくれていることは何か?

人は痛みから逃げようとします。できる限り、痛みなんて感じたくありません。

でも、逆に考えてみてください。もしも人間が痛みを感じることが出来なければ、それはそれで、大きな危険にさらされてしまいます。

火傷のイラスト

例えば、火に触れたら、火傷をして痛いですよね? でも、痛みを感じなかったら、火から逃げようとせず、そのまま焼け死んでしまうことだってあるわけです。

包丁を扱う時にも、慎重になりますね? それは刃物で指を切って、痛い思いをした経験があるからです。もし、痛みを感じなければ、用心をしなくなるので体が傷だらけになってしまいます。

このように痛みは、私たちに危険を知らせてくれる大切な機能でもあるのです。

心も痛みを感じる

体の痛みは分かりやすいと思いますが、神経が通っていない心も痛みを感じます。むしろ、心の痛みのほうが耐えがたい痛みかもしれません。

心の痛み

人は大事なものを失った時に、深い悲しみを感じます。肉親や大切な人が死んだ時の悲しみは計り知れません。そして、失って初めて、本当に大切なことを知るのです。

この心の痛みも、できれば避けたいものです。でも、人間が心に痛みを感じない世界は、同時に、人への愛の気持ちや思いやりも失われた世界です。心の痛みを知らない人は、相手の痛みも分からないのです。

生きる上で、必要があって痛みがあり、最初から用意されていることは確かでしょう。

生物学的に考えてみれば、自分を苦しめるためだけの理由で、痛みの感覚が備わっているはずがないのです。

身心一如の考え方は昔からある

スピリチュアルペインの考え方として、「痛みは意識が作り出している」と先ほど書きました。

体も、心も、痛みを感じるわけですが、「心と体はつながっている」というのも、スピリチュアルペインの考え方なのです。

心と体のイメージ

この考え自体は、今に始まったわけではありません。仏教でも「身心一如(しんじんいちにょ)」と教えており、肉体と精神は一体であるという考え方は古くからあります。

しかし、現代の医学では、「肉体の病気は、肉体に生じている原因を取り除けば治る」という考え方が、主流になっているのではないでしょうか?

問題が見つかったら、それを手術で切り取ってしまうことが治療になります。腰痛の手術にも、この考え方は適用されています。

ところが、現実的な問題として、手術をしても腰痛が治らないケースが多々あるわけです。

なぜスピリチュアルペインの考え方が出てきたのか?

これは医者も認めている事実ですが、そもそも腰痛の原因の85%は、原因を特定できない腰痛です。

体に原因が認められず、それでも痛みが生じているというのならば、その原因は「心にある」と考えるのは、道理に適っていることでもあるのです。

肉体と精神は一体であり、肉体しか見ないで、もう一方の心を見落としているのならば、それは完全な治療とは言えません。

そこで現代医学の欠陥を補うために今、スピリチュアルペインの考え方が注目されているわけです。

スピリチュアルペインという言葉には新しい響きがありますが、昔から教えられていた身心一如の原点に戻ったのだと言えます。

スピリチュアルペインとして考える腰痛とは?

ストレスを抱えた女性

では、腰の痛みの原因は「心にある」と考えた時、私たちは何をすれば良いのでしょうか?

腰に痛みを感じているならば、心の中にも、何かしらの痛みが伴っていると考えてみてください。

その痛みとは、恐れ、不安、悲しみ、怒り、憎しみ、嫉妬、欲望などのマイナスの感情です。それが心のどこかに引っ掛かっていないでしょうか?

例えば、起業家ならば会社の経営に悩み、サラリーマンならば仕事へのプレッシャーや、将来への不安が相当に蓄積されています。

主婦ならば、子どもや夫の問題、ママ友や近所付き合いの人間関係のストレスなど、心が平穏でいられない日々が続いている人も少なくありません。

そうした心の不調和が、体の不調和として、腰痛になって現れている可能性はないでしょうか?

まずは、それを探ってみてください。腰痛の時期は、心の中身を、じっくりと点検してみる良い機会でもあるのです。

感謝の気持ちで、マイナスの感情を消していく

ありがとうの感謝の言葉

マイナスの感情は非常に強く、どっぷりと浸かってしまい、底なしの泥沼にズブズブと飲み込まれてしまいそうに感じるものです。

しかし、そうしたマイナスの感情よりも、本当はもっと強い感情があるのです。

それは、感謝の気持ちです。真っ暗の部屋は、照明のスイッチを入れるだけで、途端にパーッと辺りが明るくなります。

感謝の気持ちは、心の中を明るく照らす強い光なのです。深い闇も、一瞬で消してしまいます。

腰痛で辛い時には、腰痛になってしまった不幸な現在ばかりを見つめてしまうものです。人に感謝する余裕など持てないかもしれません。

でも一旦、マイナスの感情を押しとどめて、感謝の気持ちを持ってみてください。「こんな状況なのに、何に感謝しろと言うのだ?」と思う人は、次のように自問してみてください。

今の自分は、誰にも感謝の気持ちが持てないほど、恩知らずの人間になっているのか?と。

振り返れば、今までの人生で、お世話になった人たちは必ずいるはずです。それをじっくりと考えて、思い出してください。

あなたの腰の痛みが、静かに和らいでいくのを感じないでしょうか?

腰痛の原因は、体だけとは限らない

私個人の話になりますが、腰痛に悩まされていた当時は、仕事へのプレッシャーがきつくて、将来への不安を感じていた時期にありました。

そうした状況で腰痛になってしまったわけですから、不幸な感覚も相当に強かったのです。しかし、腰痛の苦しみを嘆いている毎日の中では、いっこうに回復する気配がありませんでした。

ところがある日、両親への感謝の気持ちを思い返した時から、不思議なことに腰痛が回復に向かい始めたのです。これは偶然とは思えません。

気弱になり、心が折れ掛かっていたのですが、「早く腰痛を治そう!」という気力も湧いてきました。

このことは、下記で詳しく触れています。

腰痛に苦しむ人へ。腰痛にも人生の意味がある! 病も人生のムダではない
人間は不思議なもので、死ぬことをとても恐れているくせに、何かのきっかけで、ふと死にたいと思ったりします。 腰痛に苦しんだ経験をした人は、死にたいと思った瞬間があるかもしれません。実際に、...

毎日、心が滅入っているような状況の中で、体だけは絶好調ということはありませんね?

スピリチュアルペインという言葉など知らなくても、心と体が繋がっているという事実は、私たちが毎日のように経験していることなのです。

あなたの腰痛が長引いてしまっているのは、心の中にある原因(マイナスの感情)が、まだ取り除かれていないせいなのかもしれません

そのように考えてみたことはあるでしょうか?

体と心の両面から腰痛を改善していく

腰痛は現代病とも言われています。日本全国に2,800万人もの腰痛患者がいるそうです。しかし、未だに腰痛のメカニズムは、はっきりと解明されていないのが現状です。

それは人間の体を、あたかも機械のように取り扱う現代医学に対して、神様から発せられた警告なのかもしれません。人間の体は、部品を取り替えれば済む機械ではないのです。

ただし、何事も偏って考えるのは良くありません。身心一如であるならば、心とともに体の問題も、やはり重要です。

実際に日常の生活の中で、悪い姿勢をしていたり、悪い動作の癖を持っているために筋肉が緊張して硬くなり、骨格も歪んで、腰や体に痛みが起きているわけです。

今回はスピリチュアルペインに焦点を当てて書きましたが、心と体の両方に目を向けて、しっかり腰痛を改善していく考え方が大切です。

お勧め・人気の腰痛ベルト、コルセット、腰サポーター
腰に違和感がある人や、痛くて動けない人には、早めに腰痛ベルト(コルセット)の着用をお勧めします。腰痛は、悪化してからでは治りが遅くなってしまいます。 腰痛ベルトを巻くだけで、痛みが軽くな...

ストレス性の痛みをやわらげるアロマオイル

アロマオイル

アロマオイル(エッセンシャルオイル)の芳香は神経に作用して、ストレス性の痛みをやわらげる効果が知られています。腰痛の鎮痛効果に優れたアロマオイルとしては、下記のものがお勧めです。

ラベンダー、ベルガモット、カモミールローマン、ユーカリ、クラリセージ、ローズマリー、スィートマージョラム、ゼラニウム、プチグレン、ローズウッドなど。

エニープロ(Anypro)アロマディフューザー

エニープロ(Anypro)アロマディフューザーは、お好みなアロマオイルを入れ、香りを楽しむことができます。
カラフルなLEDライトのアロマライトが搭載されおり、七色に光るイルミネーションを楽しめます。Amazonの人気商品で、評価も高いです。

その他、おすすめのアロマ芳香器の一覧

アロマオイル お試しセット(リラックスセット)

こちらのリラックスセットは、お手軽にアロマオイルの効果を試せます。
真正ラベンダー、ローズ・ゼラニウム、ベルガモット・カラブリアン、オレンジ・スイート、タンジェリン、メイチャン(リツェアクベバ) 各5ml/6本セット。

その他、人気のアロマオイルセット