お勧めの腰痛ベルト、コルセット、腰サポーター。着けるだけで大違い!

腰椎固定ベルト パワフルギア ワイドタイプ

あなたが今、腰痛で悩んでいるのならば、早めに腰痛ベルト(コルセット)の着用をお勧めします。

腰痛ベルトを巻くだけで、痛みが軽くなります。動きも楽になります。人に体を支えてもらうよりも、よほど安定します。腰痛ベルトを着けると着けないでは、本当に大違い!なのです。

腰痛は何の対応もしないで様子を見ていると、いずれ悪化していきます。

痛みが酷くなってくると、仕事もできなくなります。そのまま復帰できず、失業する人も少なくありません。そうなる前に、腰痛ベルトで腰を守りましょう!

当記事では、Amazonや楽天で購入できるお勧めの腰痛ベルト、コルセット、腰サポーターをご紹介します。

まだ腰痛ベルトを試したことがない人は、選ぶ参考にしてみてください。腰に腰痛ベルトを巻けば、「もっと早く着ければ良かった!」と思うはずです。

スポンサーリンク

腰痛ベルトの効果は?

腰痛ベルト、コルセット

実際に、腰痛ベルトにはどのような効果があるのでしょうか?

腰痛ベルトは古くからありますが、医療が発達した現代においても、腰痛の治療に欠かせない必需品になっています。腰痛ベルトの効果には、おもに以下の2点が挙げられます。

  • 腰のまわりの筋肉が補強されるため、骨盤の歪みが抑えられる
  • おなかの力(腹圧)を高められるため、腰部の負担を減らせる

腰痛は、腹部と腰部のバランスが悪いことも原因になっています。特に腹部の力が弱まっていることが多いのです。腰痛ベルトをすることで、弱い部分を補強できます。

また、現在の医学では、腰痛は安静にしているよりも、可能な範囲で動いたほうが改善しやすいことが分かっています。

いつまでもベッドで寝たきりの状態になっているよりも、腰痛ベルトを巻いて歩いたほうが、よほど治りが早いのです。その意味でも、腰痛ベルトは欠かせないアイテムです。

スポンサーリンク

腰痛ベルトを選ぶポイント

腰痛ベルトに効果があることは分かりましたが、初めての人は、どのようなものを選んだら良いのか迷うと思います。

私の経験も踏まえて、腰痛ベルトを選ぶときのポイントを纏めてみます。

① 腰痛ベルトのサイズ

サイズに迷ったら、基本的に大きめの腰痛ベルトをお勧めます。少し大きくても、ベルトを締めれば使えますが、小さい場合にはどうにもなりません。サイズが小さくて失敗したという声は、けっこうあります。

② 2つ揃えておくと安心

腰痛ベルトは「自宅用」と、「外出用」の二つ揃えることをお勧めします。どうしてもニオイや汚れが付きます。一つだと洗濯ができません。

③ 腰痛ベルトの色

夏は薄着になるので、黒い腰痛ベルトだと、服の上から一部が透けて見えてしまうこともあります。気になる人は、外出用には白や肌色に近い腰痛ベルトをお勧めします。

④ 価格について

基本的にあまり安いものはお勧めしません。背中側のステー(支柱)が貧弱だったり、装着時のバランスが悪かったり、締め付けが弱かったりなど、値段相応の違いはあると思ってください。

⑤ 先延ばしにしない

大事なことなので繰り返しますが、腰痛ベルトは前もって用意しておくことをお勧めします。「まだ大丈夫」と思っていると、翌朝、急に腰痛が悪化して動けなくなることだってあるのです(私自身がそうでした)。

腰痛は、単なる筋肉痛ではありません。放置して治るものではないので、腰痛ベルトくらいは揃えておきましょう。

スポンサーリンク

人気のミズノ、お勧めの腰痛ベルト・コルセット

さて、腰痛ベルトには、どのような種類があるのでしょうか?

腰痛ベルトは商品によって、コルセット腰サポーター骨盤ベルトなど、呼び名が違うので、「何が違うのだろう?」と思いますね。

メーカーによっても名称が異なりますが、大きく分けると、腰部をしっかりと支える腰痛ベルトと、骨盤を中心にした細幅の骨盤ベルトがあります。

人それぞれに体型や症状が異なるため、お勧めの腰痛ベルトを一概には決められませんが、ブランドの信頼性や機能性、品質における違いは、歴然とあります。

人気の腰痛ベルトには、売れ続けているだけの理由があり、数多くのリピーターを獲得している信頼性があります。

ミズノ

ミズノなどのスポーツメーカー製を始め、老舗ブランドのノーブル中山式などの腰痛ベルトが人気になっています。

ミズノ MIZUNO サポーター バイオギアサポーター腰用(K2JJ5B72)

MIZUNO サポーター バイオギアサポーター

ミズノのバイオギアサポーター腰用は、ダイナモーションフィット設計と、支柱にはランバーボーンを採用しています。

このランバーボーンは、ミズノだけの特徴ではないでしょうか? 前屈みや反りの姿勢に、柔軟かつ、しっかりと対応します。

身体の動きを知り尽くしているスポーツメーカーのミズノ製だけあって、フィット感がバツグンです。このフィット感が大事なので、お勧めの腰痛ベルトです。

ミズノ バイオギアサポーター腰用。ダイナーモーションフィットとランバーボーンを採用

ミズノは、スポーツメーカーのイメージが強いかもしれませんが、腰痛で悩んでいる多くの人たちが、ミズノの腰痛ベルトを愛用しています。数あるブランドの中でも信頼性は抜群です。

ミズノのバイオギアサポーターは、激しい動きにも対応します。日常での腰痛ベルトとしてはもちろん、「スポーツ時に使用したい!」という人にお勧めです。

ミズノ MIZUNO 腰部骨盤ベルト ワイドタイプ [ユニセックス] C3JKB502

[ミズノ] 腰部骨盤ベルト ワイドタイプ

ミズノの腰部骨盤ベルト ワイドタイプは、腰椎から骨盤にかけて強力に固定します。骨盤の歪みや、崩れた姿勢バランスを整えて、腰への負担を軽減します。

驚きの固定力を実現するダブルギア構造を採用し、女性や高齢の方でも、軽い力でしっかり引っ張ることができます。

動きを妨げないピンポイント圧迫のため、前屈みの状態でも邪魔になりません。中腰での作業にも最適です。

腰部骨盤ベルト ワイドタイプ

ミズノ腰部骨盤ベルトの装着方法が、分かりやすく解説されています。映像は細幅ベルトですが、ワイドタイプも装着方法は同じです。

しっかり固定できるのに、動きやすい!というのが、ミズノ腰部骨盤ベルトの特長です。

少々高くても、「しっかりとした良いものを!」とお考えならば、MIZUNOの腰部骨盤ベルト ワイドタイプをお勧めします。

ミズノ腰部骨盤ベルト ノーマルタイプ

こちらは細幅ベルトの腰部骨盤ベルトです。骨盤をピンポイントで、しっかりと安定させてくれます。露出が少ないので、人目も気になりません。

動きやすく、前かがみでも邪魔になりにくいため、仕事用の腰痛ベルトを探している人にお勧めです。

何を選んで良いのか分からない人は、最初にミズノ製の商品を選べば間違いないと思いますが、他にもお勧めのブランドはあります。

次ページは、「ノーブル」「中山式」の腰痛ベルト・コルセットをご紹介します。